schedule archives

Sunday 2 June Chase Gardner (voice、Recorder、iPod shuffle、headphone) Solo ミニスキュル・シングス:立川貴一 + 𠮷田アミ minuscule shings : Kiichi Tachikawa + Ami Yoshida 2,000yen open 19:30 start 20:00 ftarri(水道橋、東京) 東京都文京区本郷1-4-11 岡野ビル地下一階 Okano bldg.B1F, 1-4-11, Hongo, Bunkyo, Tokyo.
滋賀県彦根市から、東京に引越してきました Just moved in Tokyo! Live performance with… 𠮷田アミ Ami Yoshida 竹下勇馬 Yuma Takeshita かえるさん a.k.a. 細馬宏通 Kaerusan a.k.a. Hiromichi Hosoma and 立川貴一 Kiichi Tachikawa and more!? open 19:00, start 19:30 at door1500yen You can bring drink food as you like 🙂 飲食持ち込み自由です。 先着入場10名様に粗品プレゼント! info@ftarri.comにメールにてご予約されますと、入手する可能性が高まります。 スタンプカードも作ったよ!  ftarri 東京都 文京区本郷1-4-11 岡野ビル 地下一階 B1F Okano bid. 1-4-11 Hongo, Bunkyo, Tokyo
English info. below 原作・𠮷田アミ「サマースプリング」(太田出版) 作・演出 ミニスキュル・シングス(立川貴一+𠮷田アミ) 出演 立川貴一、ふぁーろん 音楽 大谷能生、吉田隆一 写真 三野新 会場 SCOOL 東京都三鷹市下連雀 3-33-6 三京ユニオンビル 5F   公演日程 2019年4月28日(日)-4月29日(月・昭和の日) [全3回公演を予定] 4/28 (日) 15:00★/19:00# 4/29(月・祝)15:00* ※上演時間は約90分程度を予定しております。 ★終演後トークあり トークゲスト:榎本櫻湖×五所純子 #終演後トークあり トークゲスト:大谷能生×三野新 *終演後トークあり トークゲスト:木村カナ×郡淳一郎
木村カナ(きむら・かな) 1974年生まれ。フリーランス。吉田アミ『サマースプリング』(太田出版)を共同編集。主な著作に「二十一世紀文学少女・覚書」「森茉莉主要作品解題 「私は文学者だよ」」「『武田百合子全作品』解題 生の記録、喪の仕事」(以上、『ユリイカ』)、「尾崎翠著書目録および解題」(『KAWADE道の手帖 尾崎翠』)、「笙野頼子東西地図・拝読曼荼羅」(『文藝』2007年冬季号)など。

郡淳一郎(こおり・じゅんいちろう) オルタナ編集者。1966年生まれ。ビクター音楽産業、『キネマ旬報』、フィルムアート社、『ユリイカ』を転々。矢川澄子『いづくへか』(筑摩書房)、高橋信行編『足穂拾遺物語』(青土社)、吉田アミ『サマースプリング』(太田出版)、『アイデア』354「日本オルタナ出版史」、367「日本オルタナ文学誌」、368「日本オルタナ精神譜」などを編集。
  チケット料金 全席自由席・日時指定 予約2500円 当日3000円 学生2000円 ※受付開始は開演の35分前・開場は20分前からになります。   予約方法 3月22日(金)12:00より info@scool.jp にてメール予約受付開始。 ※件名「サマースプリング」本文に「名前」「電話番号」「希望日程」「枚数」をご記入ください。こちらからの返信をもってご予約完了となります(24時間以内に返信します)。定員になり次第受付を締め切らせていただきます。 ※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。   音楽:大谷能生 企画・制作:ミニスキュル・シングス お問い合わせ:SCOOL info@scool.jp 主催:ミニスキュル・シングス   自分が想像できる、一番、酷いことをしなくてはならない。 1989年。80年代最後の年、平成元年。昭和天皇、手塚治虫、松下幸之助……神々は死んだ。10年後に世界は終わるはずだった。携帯電話もインターネットもなかったあの頃。偏差値と管理教育といじめに脅かされる名古屋の中学1年生の日常なんて、退屈で貧弱で無価値で絶望的で、どうしようもなくノーフューチャーだったんだ!!! 吉田アミが経験した地獄の一季節のドキュメント。真っ当で、ラディカルで、キラキラ。時代の閉塞と被害者意識の瀰漫と日本語文学の停滞を打ち破るアヴァンギャルド・ヤングアダルト・ノンフィクションを作者自身が初の舞台化!   本公演に寄せて 『サマースプリング』を舞台化するつもりなんてなかった。あとがきを「泣くほど嫌なことを何故、書かねばならなかったのか」と書き出すくらいの勢いで、そもそも本にしたいとさえも思ってなかった。じゃあ、編集者になんで見せたんですかといえば、そうせざるを得なかったからだとしかいいようがない。 出版されたのは2007年で、今年でちょうど12年経った。2007年に生まれた子どもなら来年、中学生だ。どうやら平成が終わるらしい。そうか、と思った。30年前の1989年の平成のはじめに学校にも家にも居場所がなかった中学生のわたしのことを書いたこの作品を演るのなら、今しかないという気にはなった。昨年の11月に『あしたのあたし』の公演を終え、何の気なしにSCOOLのスケジュールを聞いたところ、ちょうど昭和の日までの日程がまるまる空いている。どうしよう。やっぱり、やらなきゃいけないのだろうか。いや、でも誰が。そんなのはもう決まりきっていて、立川貴一しかいないのだ。これもなりゆきというか、運命というかなんというか、出会ってしまったのだから仕方がない。まるで事故のように組むことになった演出ユニット『ミニスキュル・シングス』の相方だ。一緒に舞台作品を作るまで?、実はわたしは映像以外で貴一くんのパフォーマンスや役者として舞台に立っている姿を観たことがなかったのだ。10月から14日という短い期間でものすごく密に『あしたのあたし』を作った。そういう経験すらわたしはしたことがなかった。ただ、作品を作っていくなかで嫌なところが一つもなく、これほど感性の似ている人に自分は出会ったことがなかったし、衝突もなかった。わたしに合わせてくれて、無理をしているんじゃないだろうか。でも、あまりにもシンクロしてしまう。同時に発話し、同時に動く。やってほしいなぁと思ったことを指示する前にお互い勝手にやりはじめている。背中を預けることができる。とにかく相性が良かったし、この人のことは信じられると思った。 大谷能生と組んでいる朗読のユニットでは、まったく違う方向から正反対の作り方をしていて、文学をやっている、まずは文字から入っていって組み立てていく、という修行のようなその経験があったから、今があると思う。もともと、『吉田アミ、か、大谷能生』というふざけたユニット名で朗読を主体としたパフォーマンスや自主企画を続けてきたわけだけど、能生がわたしと朗読のユニットを組みたいといい、はじめてやったのが『サマースプリング』だったのだ。ただでさえ、朗読なんて意味のある言葉や、セリフめいたことを言うことが嫌なのでヴォイスパフォーマンスをやっているわたしからすると地獄であったし、そういえばそのときも「やりたくない」とわたしは能生に言っていたがたぶん、かなり長い時間、電話で説得され、断るのが面倒くさくなったのと「今までやっていないことをやろう」という甘い言葉に誘惑された。前衛家を名乗っている自分は、そういう誘い方をされてしまえば「やってやろうじゃないか」という気になるしかないじゃないか。 気乗りしないと言いながら、わたしは貴一くんに「やってみないか」と誘ったわけであるが、当然、断られるだろうという予感があったが「やる」と言われてしまった。やばい、逃げられないぞ。やるのかー、断るって思ったんだけどなあ。おかしいなあと思いながら、いけるなという気もしている自分が同時にいた。中学生の女の子役だよ。正気ですか? ああ、イカれていたんだったこの人は、とわたしは妙に安心した。しかし、その後、周囲のプレッシャーや期待、ストレスから「やっぱりやらない」「白紙にしてください」と言いはじめたとき、あせった。おい、今更、何言っちゃってるんだよ。もう、やるって決めたんだからやろうよ。今度は自分が能生のように説得をする番だ。 「『サマースプリング』は自分の外に出したくない、つらい過去を書いたのだから、やりたくないという気持ちを持ったまま舞台にあがってほしい」そんなようなことをわたしは言ったと思う。3日間みっちり説得して、納得してもらえたのだが、交代にわたしが「やりたくない」気分になっていた。とにかく自分でこの文章を書くことがつらい。みんなーッ!みてみて!みたいな態度を取れるほど自己愛が強い人間ではない。自分を嫌悪しているから自分を雑にあつかってしまう。とにかく台本を直したりする作業がしんどい。やりたくてやるわけじゃない。やらざるを得ないからやるだけだ。そのことをそのまま素直に伝えた。貴一くんは「やりたくなさは悪いこととは思ってなくて、やりたくなさを隠す方がなにより良くないと思ってます。楽しいフリなんて意味ない。」というようなことを言い、この作品の中にあるつらさは自分の中にもあるから自分もつらい。でも、痛みと向き合うことで救われたいとか思っていない。と言った。わたしはそれがうれしかったし、やっぱり「やるしかあるまい」ともう一度、決心した。何度も何度も決めながらちょっとずつ、確かなものを見つけていく。そういうやり方でしか、作品を作れない。 傷ついてもけっきょく、人はたった一人で、自分の意志で勝手に救われるものだ。自分自身で決めない限り、なにも世界は変わらない。誰かに救ってもらったと思えば、いつまでもその人に救いを求めるようになる。わたしの神は誰も救わないし、人に平等に不平等だ。それが対等というものだとも思う。 30年前の自分がゾンビのように墓から蘇る。これでやっと過去に落とし前がつけられる。平成の終わりとともに弔うことができる。わたしであってわたしではないあなたに託すことでしかこの物語は終わらすことができない。やっと、本を閉じることができる。わたしはわたしに残酷だがあなたになら優しくできるのだ。 というわけで平成の中二女子病の最高傑作と名高い『サマースプリング』、ぜひとも観に来てほしい。いろんな人に観てもらいたいです。(𠮷田アミ)   音楽 大谷能生(おおたに よしお) Yoshio Ohtani 1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)/批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。96年~02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校』や、単著『貧しい音楽』『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』など著作多数。音楽家としてはsim、mas、JazzDommunisters、呑むズ、蓮沼執太フィルなど多くのグループやセッションに参加。ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題歌を担当。チェルフィッチュ、東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、大橋可也&ダンサーズ、室伏鴻、イデビアン・クルーなど、これまで50本以上の舞台作品に参加している。また、吉田アミとの「吉田アミ、か、大谷能生」では、朗読/音楽/文学の越境実験を継続的に展開中。山縣太一作・演出・振付作品『海底で履く靴には紐がない』(2015)、『ドッグマンノーライフ』(2016/第61回岸田戯曲賞最終選考候補)、『ホールドミーおよしお』(2017/Corich舞台芸術祭・演技賞受賞)では主演を務める。最新作はJazz Dommunisters『Cupid,Bataille &Dirty Microphone』(2017/Taboo-Villege)。 ・webサイト http://www.ootany.com/   吉田隆一(よしだ りゅういち) Ryuichi Yoshida 「SF音楽家」という肩書きで活動するバリトンサックス奏者・作編曲家。「blacksheep」(with スガダイロー、石川広行)、「N/Y+Y」(with 新垣隆、芳垣安洋)等での音楽活動を中心に、文化諸相の混在を図る。文筆活動も行っており、SFやアニメ、音楽に関するレビューや文庫解説を多数執筆している。一般社団法人日本SF作家クラブ会員。   写真 三野新(みの あらた) Arata Mino 1987年福岡県生まれ。ニカサン主宰。写真家・舞台作家。 2010年より「写真と身体の関係性を追求するカンパニー」であるヒッピー部を主宰し、以降全作品の写真・構成・演出を手がける。 2013年『Z/G』にて初個展以降、三野個人名義での写真展示・パフォーマンス作品の発表を行う。 2017年に演劇を行うカンパニーであるニカサンを結成。 2011年早稲田大学文学部演劇映像コース演劇科卒業。 2017年東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程修了。博士(芸術)。   Kiichi Tachikawa in “Summer Spring” Based on Ami Yoshida’s autobiographical novel “Summer Spring”  Direction by minuscule shings (Kiichi Tachikawa + Ami Yoshida) Music by Yoshio Ohtani and Ryuichi Yoshida At SCOOL 5F Sankyo Union bid. 3-33-6 Shimorenjaku, Mitaka, Tokyo   Schedule 15:00★/19:00 Sunday 28 April 2019 15:00* Monday (national holiday)  29 April 2019 approx. 90 mins. show ★There is talk session after the show (in Japanese) with Sakurako Enomoto and Junko Gosho Front desk open 35mins and door open 20 mins. before every show. *There is talk session after the show (in Japanese) with Kana Kimura and Junichiro Koori.  They are editor of “Summer Spring”.   Front desk open 35mins and door open 20 mins. before every show. Ticket Adv. 2500yen, At door 3000yen, Student discount 2000yen. How to reserve your sheet? Reservation starts 12:00 Friday 22 March.  Send email to  info@scool.jp Title should be “Summer Spring”.  Your name, phone number, which show you want to see and how many tickets you want.  When you get a reply from scool, your reservation done. In the case of you want to cancel your reservation, please let me know!   Music by Yoshio Ohtani Photo by Arata Mino Presented by minuscule shings More info SCOOL info@scool.jp     1989. The last year of the 80’s, Heisei 1st year. Emperor Showa(Hirohito), Osamu Tezuka, Konosuke Matsushita … The gods died. The world was supposed to end ten years later. There was no cell phone or the Internet. Deviation value and management education and bullying threatened the daily life of first graders in Nagoya was boring, poor, worthless, hopeless, and hopelessly no future !!!  This is a document of season of the hell experienced by Ami Yoshida. Straight, radical and sparkling. The author herself sets the stage for the first time in avant-garde young adult nonfiction that defeats the era, the spreading of victim awareness and the stagnation of Japanese literature!
English and access info. bellow ミニスキュル・シングス(吉田アミ+立川貴一)プレゼンツ 「あしたのあたし」本公演へむけてのパーティ + Yuko Nexus6「#tbk_yuko」出版記念パーティ 2019年2月16日(土曜日)17時〜20時 会場: 天才算数塾(東京都台東区浅草橋2-5-8) *会場では星葡萄(旧・セクシーキラー)による,『文藝』(河出書房新社)2015年秋号から2019年春号までの約4年間におよぶ装画と挿画の集大成となる原画展が12時より行われております。 また、終了後の20時からはDJ佐々木暁による原画展クロージングパーティあり。ゆっくりしていってください。 入場料1000円 + 1 ドリンクオーダー menu: 「あしたのあたし work in progress」2018.11.3 三鷹SCOOL記録映像上映 + ・『あしたのあたし』Version 2 Performance(三宅里沙、YukoNexus6) + Yuko Nexus6の闘病記(双極性気分障害、乳がん)を綴った「#tbk_yuko」(ぶなのもり刊)の出版記念即売会&サイン会 + YukoNexus6による素人バーテンダーカクテル(300yen)販売。あなた好みのレシピで + かえるさん(細馬宏通)のお歌 and more! やりたいというよりも、やらざるを得ないことが人生のなかには必ずある。 2018年11月3日にワークインプログレスというかたちで、ほぼ話したことがない相手を演出助手に加え、寝食を共にし、24時間寝てる以外は製作していない時間はないままの期間14日、稽古3回、構想5年、制作費20万円で大赤字、出来はまだ4割!という悔いを残したままの作品です。あたしたちにあしたが来るよう、これは製作費のカンパ&協力を募るパーティーです(ミニスキュル・シングス) 躁の波、鬱の波……数々の波を乗り越えて苦節4年! ようやく刊行の運びとなったニュー(乳)がんフォトエッセイ「#tbk_yuko」のお披露目です。たっぷり240p、大判A4で2800円! ぜひこの機会にお手にとってください(Yuko Nexus6) minuscule shings —Ami Yoshida+Kiichi Tachikawa — presents “Ashita no Atashi–I in Tomorrow” fundraising party + Yuko Nexus6 new book “#tbk_yuko” release party 2019.2.16 Saterday 17h〜20h at TensaiSansuJyuku(2-5-8 Asakusabashi, Taito, Tokyo, Japan) *This venue opens at 12:00pm for an exhibition of artwork from “Bungei” magazine. 2015-2019 by Hoshi Budoh (ex. Sexy Killer) . This venue opens at 12:00pm for an exhibition of “Bungei” magazine cover art from 2015 to 2019 by Hoshi Budoh(ex.SexyKiller). After the fundraising party, Akira Sasaki DJ dance party starts. Please join us! Price: at door 1000yen + 1 drink order menu: 「Ashta no Atashi work in progress」2018.11.3 SCOOL, Mitaka screening + Version 2 performance “Ashita no Atashi” by Risa Miyake and YukoNexus6 + Yuko’s brand new book “#tbk_yuko” presentation and sale! + Amature bartender cocktail (300yen) by YukoNexus6 + Karen-san(Hiromichi Hosoma) sings a song and more! There are things we have to do, not only things we “want to do” in our lives. On November 3, 2018, the work “Ashita no Atashi – I in Tomorrow” was shown. It involved 24 hours of work (except sleeping) for 14 days, only 3 rehearsals, 5 year of planning, a budget of 200,000 yen (almost bankrupt), and yet still only 40% of the work is done! I want to show my work in its entirety to all of you. I would love for you to join our fundraising party. by miniscule shings Manic waves and waves of depression …. Beyond a lot of waves, I finally announced my photo essay collection about my breast cancer and bipolar disorder “# tbk_yuko”. It took 4 years! 240 pages, A4 size art book, 2800 yen! Please check it out and purchase. by Yuko Nexus6   ACCESS INFO ご注意! 浅草橋は、浅草とは違う街です。都営浅草線の浅草橋駅が最寄りです(A3出口から、徒歩3分)。 小さい工場や工房、卸売のお店がたくさんあり、お店をする人にはマストのグッズがぜーんぶ揃っちゃうデパート「シモジマ」が近くにあり、とっても楽しくてオススメです。 TO THE VENUE “TENSAI SANSU JUKU” address : 2-5-8 Asakusabashi, Taito ward, Tokyo, Japan emergency call: 080-5318-2498 (yuko)
From nearest subway station ASAKUSABASHI A3 exit 3minutes walk. See the map. BE CAREFUL! Asakusabashi IS NOT Asakusa. Different district. Asakusabashi is a small industry town. Big whole sale store Shimojima is great place to get souvenir!! To Asakusabashi station (Toei subway Asakusa line) From Yokohama : Take the Keikyu line (distination: Oshiage, Keisei Takasago…) around 50 mins ride. From Shibuya : Take Ginza line (Tokyo METRO distination: Asakusa) at Nihonbashi station 3mins walk and get the Toei subway Asakusa line (distination: Oshiage, Keisei Takasago…) walk and ride around 30 mins.